就職活動

面接は心構えで決まる!落ちた後のことを考えると上手くいく理由

こんにちは、かずとも(@kazutomo_12)です。

就職活動で一番難しいと感じるのが、やはり「面接」ではないでしょうか。

面接って正しい方法が無いから、分からないことだらけですよね。

 

しかし、ぼくも何回か面接を経験しました。

ぼくは5回しか面接をしたことが無いのですが、落ちたことが無いんですよね。

もちろん、たまたまかもしれませんが、ぼくが常に心掛けていた「落ちた後のことを考えておく」という方法が上手くいったのではないのかなと思っています。

ぼくは元々、緊張しやすいタイプの人間なのですが、そのほうほうを試していると、全然緊張しないんですよね。

おかげで、自信たっぷりに面接に臨むことが出来て、内定を貰いました。

ですので、面接で緊張してしまう人は参考になると思います。

 

というわけで、今回は、

  • これから面接がある方
  • 面接で緊張してしまう人
  • 面接が上手くいかない人

こんな悩みを持った方への記事になります。

それでは見ていきましょう。

落ちても平気なら自信たっぷり話せる


冒頭でも言ったとおり、ぼくは常に落ちた後のことを考えていました。

勘違いしてほしくないのですが、ネガティブなことを考えるわけではありません。

落ちた後の道を作っておくんです。

 

例えば僕の場合、

「A社に落ちてもB社あるし大丈夫!」

「最悪全部落ちても独立か生活保護で生きれるから大丈夫!」

みたいな感じです。

 

ここでのポイントは、自分を安心させることです。

落ちても次の道をちゃんと用意しておいたことで、

「まあ別に落ちても良いし、思い切っていこう!」

と、自信に満ち溢れた感じで面接に臨むことが出来ました。

 

周りの人は、どうも自信が無いように見えるんですね。

どこか怯えてるような感じで、質問に答えています。

そんな中で、自信に満ち溢れた人が出てきたら、間違いなく好印象です。

少なくとも、周りと差別化は出来るので、印象には残るでしょう。

緊張するのは自分を良く見せようとしているから

面接で緊張するのは、「準備不足」「自分を良く見せようとしているとき」のどちらかだと思っています。

前者の「準備不足」であれば、もっと自己分析や面接対策をすればいいだけです。

問題は後者です。

やっぱり受かりたいわけですから、「自分を良く見せよう」と頑張ってしまうんですね。

もちろん面接ですので、自分を良く見せないといけないわけなんですが、それ以上にアピールしてしまうのは良くありません。

面接で自分にプレッシャーを与えてしまって、方にすごく力が入ってしまい、結局空回りしてしまいます。

 

自分を良く見せようとするのは無意識的に起きてしまうので、自分では気づいていなくても、本番でそうなっている可能性があります。

だからこそ、意識して「本当の自分」をアピールしていかないといけません。

 

そんなときに、「落ちた後のことを考える」というのが役に立つんです。

「落ちても○○があるし大丈夫」と、安心させることによって、「本当の自分」をアピールしやすくなります。

そして、面接でもちゃんとした「会話」が成立するので、面接官もコミュニケーションをしている感じが出ます。

面接は恋愛と一緒


面接のテクニックとして、

  • 逆質問は入社したイメージが湧くことを聞こう
  • 抑揚をつけては話そう
  • 立ち振る舞いはこうしよう

とか、色々あります。

確かに、そういったテクニックも必要だとは思うのですが、あまり頼りすぎても意味がありません。

別に面接官も、

面接官
面接官
テクニック上手いな!採用!

とかなりませんからね。

結局は、面接官の勘で選ばれます。

 

「面接は恋愛と一緒」というのは、聞いたことがあるでしょうか?

これは本当にその通りだと思います。

 

例えば、好きな人デートをするとしましょう。

相手に好感度を与えるためのテクニックは色々ありますよね。

  • 男性は道路側を歩く
  • さりげない優しさを見せる
  • サプライズを用意する

まあ、本当にたくさんあります。

 

しかし、別にそれらのテクニックをしたからといって、告白して付き合えるわけではありません。

もちろんそれらも考慮はされると思いますが、最終的には好きな人の勘です。

 

面接も同じことです。

テクニックを使っても、受かる確率は確かに上がるかもしれませんが、最終的には面接官の勘です。

テクニックに頼ると、

「こうしなきゃ!ああしなきゃ!」

と、肩に力が入ってしまい、どこか機械的な感じになってしまったり、言葉に詰まりが出てきます。

そんな人と働きたいと感じる面接官は、いても少数でしょう。

 

ですので、ありのままの自分をアピールするのが良いんです。

あまり自分を良く見せようとしたり、テクニックに頼ろうとはせず、今の自分をちゃんとアピールしていきましょう。

そもそも落ちたところで未来に全く影響がない


面接に落ちたら、何かこの世の終わりみたいな顔をされている方がいますよね。

ぼくは思うのですが、面接に落ちたら何が起きるのでしょうか。

行きたかった一つの企業が無くなっただけだと思います。

 

では立て続けに落ちた人はどうなのか。

「もう受かるのは無理なんじゃないか」って思いますよね。

しかし、何十社と落ちた人でも、普通にその後内定貰って入社している人がほとんどです。

 

何が言いたいのかというと、別に落ちたところで何の影響も無いんですよね。

別に落ちたからと言って、もう内定を貰えないわけではないですし、お先真っ暗なわけでもありません。

結局は自分のモチベーション次第なんです。

ぼくの知っている教員の方で、教員採用試験落ちたけど、その後バイトしながら勉強して受かったっていう人がいます。

続けていたら、必ず内定は貰えます。

だから、落ちたからと言って諦めないでください。

「落ちても大丈夫!次がある!」

と、自分に言い聞かせてあげましょう。

まとめ

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

落ちた後のことを考えておくと、

  • 自分を安心させられる
  • 自信に満ち溢れた感じになれる
  • 本当の自分を見せることが出来る

というメリットがあります。

そいて、落ちたところで何も起きないこともお話ししました。

変に自分を飾らないで、自分らしさをしっかりアピールしてください。

少しでも参考になれば幸いです。