大学生活

大学生になって友達ができなかった人へ。これからどうするべきか教えます

こんにちは、かずとも(@kazutomo_12)です。

大学生になったら友達がたくさんできると思ってた・・・

 

こんな感じで、「大学に入ったら友達をたくさん作るぞ!」と、張り切っていたのに、いざ数ヶ月過ごしてみると、

「周りには誰もいない」という、いわゆるぼっち大学生になっている人がいます。

 

これを見てくれている方でも、そうなってしまった人がいるのではないのでしょうか?

この「ぼっち大学生現象」は、実は誰にでも起きてしまいます。

つまり、高校まで普通に友達がいた人でも全然なり得るんです。

 

なぜこういうことが起きてしまうのでしょうか?

それは、「スタートダッシュに遅れた」からです。

よくあるケースでは、

  • サークルに入らなかったけど、周りはみんな入っていて仲良くなれなかった
  • 初めてできた友達が別のグループと仲良くなって馴染めなかった
  • バイトに集中していたら、もうグループが完成されていた

というのが多いですね。

入学して1,2週間が勝負なんて言われたりしますが、その間に学部のグループが出来上がっているからなんですね。

また、サークルでの関係もある程度出来上がるのもそれぐらいです。

 

ぼっち大学生になってしまうと、大学生活が楽しめなくなります。

中には、それが原因で中退してしまう方もいらっしゃるそうです。

そうならないためにも、友達が少なくてもすごく大学生活を楽しめたぼくが、「大学生になって友達ができなかった人の立ち回り方」について、お話ししたいと思います。

 

というわけで、今回は、

  • 大学入って友達ができなかった人
  • これから大学に入る人

こんな人達への記事になります。

それでは見ていきましょう。

今すぐ小~中人数のサークルに入ろう

友達出来なかったしこれからぼっちなのか・・・

 

と、諦めている人もいると思いますが、そこで立ち止まってはいけません。

今すぐサークルに入りましょう。

「サークルは初めの1ヶ月ぐらいしか募集していない」

と、思っている方もいるようですが、そんなことはありません。

入学から少し経ったときでも、本格的な募集はしていないかもしれませんが、まだまだ入れるチャンスはあります。

もちろん、もう募集を締め切っているところもありますので、その辺は連絡を取って確認すると良いでしょう。

 

ここでのぼくのポイントは、小~中人数のサークルを選ぶこと!

なぜなら、大人数だと馴染める可能性が低いからです。

大人数のサークルは、全員仲良しと言うわけではありません。

何なら、同じサークルなのに、顔と名前が一致しないなんてこともあります。

サークルの中でも、いくつかのグループがあって、その中で楽しんでいるというケースが多いです。

つまり、あなたがそこに入るには、かなりのコミュニケーション能力が必要になってきます。

実際、ぼくの知り合いは100人を超えるサークルに途中から入って、すぐに辞めてしまいました。

 

しかし、小~中人数のサークルだと、だいたいみんな仲が良いですし、全員と触れ合えます。

つまり、途中から入部しても、馴染める可能性が高いということなんです。

ですので、途中から入るのであれば、よっぽどのことが無い限りは小~中人数のサークルに入りましょう。

サークルに入れば知り合いが増える

サークルに入ることによって、間違いなく知り合いが増えます。

知り合いぐらいでしたら、友達じゃなくても話したり、講義やテストのことを話せたりしますし、情報は得ることが出来ます。

また、学食を一人で食べるのが辛い人は、誘えば一緒に食べれる可能性もあります。

 

とりあえず情報が入ったり、一人でいなくて済んだりします。

さらにそこから人脈が広がっていくこともあります。

とりあえず知り合いを作っておけば、大学生活は何とかなることが多いです。

ですので、友達も大事ですが、それと同じぐらい知り合いも大事な存在になんですね。

知り合いも友達もいなかったらマジで詰む


知り合いも友達もいない人はどうなってしまうのか?

これは、マジで大学生活が詰みます。

その理由をいくつかご紹介します。

講義を休めなくなる

これが一番でかいです。

講義を1回も休むことが出来なくなります。

もちろん、毎回ちゃんと授業に出ていればいいのですが、寝坊したり体調を崩してしまう日だってあると思います。

休んでしまうと、そのときのノートを見せてくれる人がいない状況です。

しかも、休んで復帰したときにいきなり小テストがあったり、テスト範囲が発表されていたりなど、たった1回休んだだけで単位が取れなくなる場合もあります。

 

ぼくも、全く知り合いや友達もいない講義を取ったことがありますが、休めないプレッシャーがすごかったです。

しかも最悪なことに、インフルエンザになって2回休んでしまいました。

そのときは、周りに声をかけて、

「ノート見せて!ノート見せて!」と、お願いしたのを覚えています。(その講義の単位はちゃんと取れました。)

このように、講義を休むとかなりしんどくなってしまうんです。

空きコマがかなり苦痛

大学生には「空きコマ」というのが必ず出てきます。

「空きコマ」とは、自分が取った講義と講義の間の時間のことです。

例えば、1限と5限に講義を取っている人ならば、2,3,4限が空き時間になります。

その時間を「空きコマ」と言います。

 

友達と知り合い、どちらもいない人は、この「空きコマ」の時間を持て余してしまいます。

もちろん、資格の勉強したり将来について考えたりなど、自分でやることを探せる人は問題ありません。

しかし、大学は言って間もないころだと、そんなこと出来ないと思います。

 

そんなときに「空きコマ」が出てくると、本当に苦痛です。

だって、やることが何にも無いわけですから。

この時間をどう使うか、ものすごく考えなければいけなくなるので、なかなか大変です。

恋愛の難易度が上がる


もう一番言いたいのはこれ!

彼氏彼女を作りにくくなります。

 

大学生の恋愛は、アルバイトかサークル、あるいは同じ学部内で仲良くなって付き合うというのが、一般的な流れです。

もし、知り合いも友達もいない状態だと、アルバイト内だけでしか可能性が無くなってしまいます。

しかも、アルバイト内で気になる人を見つけても、向こうは大学内で付き合っているかもしれません。

そう考えると、彼氏彼女を作れる確率は、すごく低くなってしまいます。

これが一番辛いのではないでしょうか。

 

これらが嫌と感じたら、すぐにサークルに入りましょう!

友達はそこまで多くなくていい


ぼくも同じ学部で友達が一人もいませんが、サークルを上手に使ったことによって、講義の単位にも困ることがありませんでした。

彼女も出来たりして、大学生活を楽しめました。

しかし、友達が多いかと言われるとそうではありません。

ぼくの大学での友達は、片手で数えられる程度です。

ほぼぼっちなんですが、ぼくはそれでよかったと思っています。

 

なぜなら、自分の時間をちゃんと使える」からです。

自分の時間は、将来を考えるにあたって、必ず必要な時間です。

勘違いしている人もいるかもしれませんが、大学生の目的は遊ぶためではありません。

大学生は学ぶために来ているんです。

 

友達が多いと、どうしても遊びの時間が増えてしまうので、自分が何をしに来たのかを見失ってしまいます。

そうならないためにも、友達の数はあまり多くない方が良いでしょう。

しかし、ぼっちが良いとは言っていません。

1人は、友達と呼べる人を作っておきたいところです。

その1人を見つけるためにも、行動してください。

最悪インカレサークルがある

入るサークルも無くて、友達も知り合いもいないしもう終わった・・・

 

それでも大丈夫です。

大学のサークルのは「インターカレッジサークル(通称:インカレサークル)」 というのがあって、他の大学でも入ることが出来るサークルがあります。

そこに入っておけば、何人か気の合う友達が出来るでしょう。

ぼくも2回生の冬からインカレサークルに入ったのですが、すごく気の合う友達に出会えましたし、本当に良かったと思っています。

 

同じ大学に知り合いも友達がいないと、確かに大学の情報は自分で何とかしなくてはいけませんが、それ以外はインカレサークルに入っておけば大丈夫です。

合宿もありますし、大学生活も十分楽しめるでしょう。

中には、ただみんなで飲むことしかしていない、いわゆる飲みサーもあるので、健全なサークルかはしっかり調べてから、入ってくださいね。

まとめ

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

大学生活を楽しむには、まずは人脈が必要です。

そのためにも、サークルに入って、ある程度の知り合いは作っておきましょう。

そして、遊びすぎないよう注意しながら、大学生活を楽しんでくださいね!

とりあえず、今すぐ動きましょう!!